2017.5.1|交通事故の初期対応~④警察による実況見分

 

こんにちは、ゆるり鍼灸整骨院の山下です。

今回は交通事故の初期対応の続編です。

警察による実況見分をご説明させていただきます。

 

交通事故が発生し警察に通報を入れると、数分で警察官が到着します。

警察官は事故現場の処理を行いながら、事故の当事者に事情を聴取します。

↳実況見分と呼ばれ、交通事故証明書や過失割合の決定に重要です。

 

警察による実況見分には自分の主張をしっかり伝える

事故直後で興奮や緊張が高まっていますが、自分が重大な違反や過失を

犯しているわけではなく、交通事故の被害者になってしまった場合には、

落ち着いて自分の主張を伝えるようにしましょう。

以下のポイントを知識として身につけておけば、さらに自信をもって対応できるはずです。

 

警察 事情聴取 に対する画像結果

 

 

実況見分とは?

交通事故においては、事故がどのような原因で発生し、どのようになったかを記録するもので、

事故発生直後に事故当事者の立会いの元で行われます。

この時に作成される調書は実況見分調書と呼ばれます。

 

 

裁判において非常に重要な意味を持つ実況見分

事故が発生した状況や被害の程度を明らかにするため、現場に残された物的証拠についても、その存在や状態を五感で認識し事故の真実を発見するために捜査を行うものです。

裁判において、実況見分調書は事故状況を証明する最も重要な証拠ですので、実況見分には最大限の注意を払って応じる

ことが必要となります。

 

 

供述調書とは?

実供見分を元に作成された実況見分調書を元に供述調書が取られます。

交通事故当事者の供述を聴取し、被害者と加害者の同意を取り、双方の署名捺印が行われて成立するものです。

供述調書は警察から検察庁へと送られ、起訴・不起訴の判断が行われます。

※供述調書は過失割合の決定に大きな意味を持つ、納得いくまでサインはしないこと!!

交通事故後の示談交渉や損害賠償請求に重要な過失割合は、実況見分調書や供述調書を元に決められます。

場合によれば、被害者だと思っていたのに加害者になってしまう、または責任を負わされてしまう事にもなりかねないので

正しい調書の作成を求める必要です。

 

 

被害者となった場合、必ず病院に行っておくことが重要です!!

交通事故の場合は軽いケガであっても、必ず病院に通院するようにしましょう。

後日痛みが出てきても数日経ってから病院にかかった場合に事故との因果関係が立証できない事があるからです。

 

救急車 に対する画像結果

交通事故による治療、自動車保険でのお悩みなど事故に関わるご相談も随時受付しておりますので、

ご自身やご家族、周りの方でお困りの方がいらっしゃいましたら、

阿倍野区ひまわり鍼灸整骨院天王寺区ゆるり鍼灸整骨院までお気軽にご相談下さい!

image

お問合せはこちら

ひまわり鍼灸整骨院・ゆるり鍼灸整骨院


Warning: Use of undefined constant blog - assumed 'blog' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/tobuneko/xn--vekx30gecx5edzwv7d6pu0ka059h8x3d85d1vqhna670c.com/public_html/wp/wp-content/themes/tennoji_jiko/single.php on line 27