2017.4.24|GWの交通事故防止について

 

こんにちは。ひまわり鍼灸整骨院の西口です。

これから、大型連休を利用して車での遠出を計画されている方も多いのではないでしょうか。

ただ、GWは免許取り立ての学生や普段あまり運転していない方が、知らない場所で運転するような時期になります。その為、交通事故が多発する時期になりますので注意が必要です。

 

 

pixta_21971180_S

 

 

 

H28の大型連休(4/295/810日間)において、

 交通事故で亡くなった人は、全国で118

 人身事故の発生件数は、9999

 負傷者は12768

 

1日平均で、約1000件の交通事故が発生し、約1277人が負傷し、約12人が亡くなっておられます。

 また、飲酒運転による交通事故も69件発生し、8人が亡くなられています。

 

 

 

楽しい旅行が交通事故によって悲しい思い出にならないように、次のことに注意して安全運転を心がけましょう。

 

 

 

 

  1. ゆとりある計画(プラン)を考えましょう

行楽シーズンには、道路が大変混雑します。

特に、遠出をされる方も多いため、相当の通行量の増加が見込まれます。事前に行き先までの交通状況をしっかり調べて、例年以上にゆとりのある無理のない計画を立てましょう。

また、ある程度の混雑を想定しておけば、焦ったり、イライラしたりすることもないはず。

時間のゆとりは心のゆとりにつながります。

 

 

 

  1. 車と自分の健康チェック

お出掛けの前には、車の点検と同時に、睡眠を十分にとり、自分の健康状態にも注意しておきましょう。ちょっとした不調が、大きな事故につながることもあります。

GW期間中は自動車修理業者も病院もお休みのところが多く、旅先での故障や病気は大変、困ると同時に、せっかくの楽しい気分が台無しになります。

 

 

 

  1. シートベルト・チャイルドシートは必ず着用!

車に乗る際は、ドライバーも同乗者も必ずシートベルトを着用しましょう。特に、後部座席の人も着用を徹底しましょう。

万一の事故の場合、自分自身や自分の大切な人の命を守ってくれます。

また、赤ちゃんやお子さんを同乗させる場合は、安全確保のためチャイルドシートを使用しましょう。

 

 

 

  1. 運転はゆとりをもって

スピードの出し過ぎや、無理な追い越しは事故の元です。目的地に早く着きたい気持ちを抑え、ゆとりと思いやりの気持ちを持って、安全運転を心がけましょう。事故が起きてからでは遅いのです。

 

 

 

 

  1. 同乗者も安全を心がけましょう

運転者にむやみに話かけたり、無理、無謀な運転を煽るような言動は慎みましょう。

運転者がスマホを使ったり、カーナビに気を取られていたら注意してあげて下さい。また、子供の行動が運転の邪魔にならない様に気をつけましょう。

 

 

 

  1. 無事、帰宅するまでは気をゆるめずに

夕暮れ時や夜間は、周囲の状況が見えにくくなるように、外出の帰りは疲れも溜まっています。

そのため、早めのライト点灯を心がけ、少しでも疲れを感じたら十分に休息を取りながら、家に到着するまで気を緩めずに運転しましょう。

 

 

 

交通事故による治療、自動車保険でのお悩みなど事故に関わるご相談も随時受付しておりますので、

ご自身やご家族、周りの方でお困りの方がいらっしゃいましたら、

阿倍野区ひまわり鍼灸整骨院天王寺区ゆるり鍼灸整骨院までお気軽にご相談下さい!

image

お問合せはこちら

ひまわり鍼灸整骨院・ゆるり鍼灸整骨院


Warning: Use of undefined constant blog - assumed 'blog' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/tobuneko/xn--vekx30gecx5edzwv7d6pu0ka059h8x3d85d1vqhna670c.com/public_html/wp/wp-content/themes/tennoji_jiko/single.php on line 27